メタボという診断は何を意味するのか

メタボ健診とメタボ診断をされた場合

メタボ健診を受けてみましょう

生活習慣病と言われる脳や心臓の病気を持つ患者は年々増加していると言われています。
これらの病気が、内臓脂肪を起因としているという考えから、メタボ健診が生まれたようです。

このメタボを防ぐべく、企業や市区町村で受けられる健康診断に、メタボ検査に特化した健診項目を追加した特定健康診査というものを実施するようになりました。
これが、メディアではメタボ健診や特定健診という呼び名で呼ばれている健康診断です。

40歳以上で74歳までの保険加入者が対象となっており、メタボ予備軍となっている方も確実に診断できるようにする項目が含まれている健康診断になります。

検査内容には、今までの健康診断の内容に腹囲や、血液検査の項目でも悪玉コレステロールといわれるLDLコレステロール値や血糖値を調べるグリコヘモグロビンの値などが追加されているのが特徴です。

メタボと診断された場合の対応

これらの検査で異常が見つかった場合、特定保健指導が行われることになります。
これは、病気になる前に専門的な知識を持つ人から指導をしてもらい、病気になることを未然に防ごうという狙いがあります。

この保健指導ですが、検査の値などで対応が変わってきます。
病気になるリスクが高い人ほど積極的に指導介入するという方法をとっているようです。

メタボ診断=病気の診断、ではありません。
しかし、病気になるリスクがとても高いです、と言われているという認識が必要と言えそうです。
内臓脂肪の増加は、悪玉コレステロールを増やしてしまう作用があるそうです。
直接的に治療が必要な状態ではないのですが、結果的に心臓や脳に悪影響をおよぼす可能性がとても高い状態になっているということが言えそうです。