メタボという診断は何を意味するのか

メタボ診断されると結局のところ、どうなるの?

メタボ診断の判断条件とは

脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪があります。
そのうち、メタボと言われる状態は後述の内臓脂肪がついた肥満状態という事になります。
この内臓脂肪型肥満は、名前の通り内臓のまわりに脂肪がくっついている状態を指します。
よくおなかだけ出ている人がいますが、そういった方に多く当てはまる肥満型のようです。

では、そのメタボと言われる判断基準をまとめてみましょう。
まず最初の判断材料となるのが、お腹周りのサイズです。
男性は85cm未満、女性は90cm未満であればセーフです。

それに加えて、気になる方も多いであろう血圧や血糖値、それに血清脂質の値のうち2つ以上が基準を超えている場合メタボの診断をされるということになります。
では、この血の状態にまつわる3つの項目を次に確認していきましょう。

血の状態も重要な条件

メタボと診断されるには、おへそ周りのサイズだけではありません。
血液の質も診断基準になっているのです。
条件とされる項目をひとつずつ確認していきましょう。

では、気にされている方も多い血圧の値から見てみましょう。
血圧は上の数値が130以上と下が85以上、のどちらか若しくは両方当てはまる状態となります。
続いて血糖値は空腹時の値が110以上だそうです。
血清脂質はあまりなじみのない響きですが、条件としては、中性脂肪値が150以上もしくはHDL-コレステロール値が40未満もしくはその両方です。

これらの条件のうち2項目以上の数値に異常が見られる場合、メタボと診断されるというわけです。
要は、中性脂肪の値が高くて善玉コレステロールが少ないことや高血圧、血糖値が高い人ということになります。
これだけ聞いても、健康的とは言い難いという雰囲気は伝わったのではないでしょうか。